2016年8月23日火曜日

阿佐ヶ谷バリ舞踏祭2016

8月の上旬に 阿佐ヶ谷バリ舞踏祭 に行ってきました。

このイベントは阿佐ヶ谷神宮の能舞台で開催され、今年で15回目となるそうです。

丁度東南アジアの文化や武術に興味があったところだったので武術の先生や稽古仲間と行きました。

私たちが見たのは夜間の一番最後の部でしたが、能舞台の周りに桟敷席や観覧席が用意された席は殆ど埋まっていました。


バリの音楽はガムランという民族楽器の響きが特徴です。
音楽や舞踏からは森、ジャングルや農耕などの風景が見えてくる不思議な感覚でした。
踊り手の衣裳も更紗や仏教美術に見られるような装飾があり、改めてシルクロードの文化圏と海路の文化圏の相違点、類似点が感じられました。

色々な発見のある楽しい時間でした。

踊り手の写真などは撮る余裕がなかったので興味のある方は 阿佐ヶ谷バリ舞踏祭のFBページ でご覧ください。

終了後はみんなで駅前のカフェで一息入れました。
マンゴーのミルクかき氷が絶品で良い締めになりました。

2016年8月5日金曜日

秋の準備、来年の準備!

夏真っ盛りですが秋の支度を進めております。
本日は西陣より袋帯が上がってきました。
今秋はおび弘、加納幸、河村織物、都といった機屋の品を発表します。

今回上がった袋帯と都の袋帯(裂取文)

帯広の袋帯(霞献上松扇)

河村織物の袋帯(有職文様)

組織で柄を出す織物は良し悪しが出やすく、それだけに品物の顔がはっきりと出ますので1点1点吟味をしました。
秋の準備の後は来年以降の準備です。
8月は再度京都へ赴き、新しいもの創りの仕込みをしていきます。

2016年7月26日火曜日

東北出張を終えて

先週の18日(月・祝)から24日(日)で東北出張へ行って参りました。

今回も宮城、青森と周る1週間の出張となり、夏の暑さもあって大変疲れました!
しかしそれに見合う実りのある旅となりました。

特に本場大島紬織物協同組合の創立100年に合わせて発案した本場大島紬の特集はお客様からご好評を頂き、何よりでした!

本場大島紬特集の一部

出張中にはその場所ならではの情景に出会い、印象に残る風景はカメラに収めています。
今回はそのいくつかをご紹介します。
  

弘前の夕暮れ時の空、雲が見事でした
 

駅前では8月からのねぷた祭りの準備が進んでいました

夏晴れの岩木山、空が高かったです

  
宮城県石巻市の金華山にて

出張は普段と違う場所、違う人に巡り合うのが何よりの醍醐味です。
お世話になりました皆様に御礼申し上げます。